歯医者コラム

歯医者さんによる歯科治療に関する情報サイト

歯周病

意外と知らない?歯周病を予防できる歯磨きの方法 | 歯周病と歯磨き

歯周病は日頃の歯磨きで予防でき、歯磨きで症状の改善も期待出来ます。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、歯の表面に付着したり歯周ポケットに溜まったりするため、しっかり歯磨きを行って除去していくことが重要になります。
歯周病

たばこは歯周病にかかりやすい? | 喫煙の歯周病リスク

喫煙が肺などに影響し、健康に害を及ぼすことは広く知られていますが、歯周病などの口腔内トラブルを招くこともご存じでしょうか。
歯周病

血糖値が高いと診断されたら歯科検診も必要? | 歯周病と糖尿病の関係

歯周病は歯茎の炎症だけでなく、様々な生活習慣病と深い関係がある重大な病でもあります。知らない方も多いと思いますが、歯周病は糖尿病の合併症の1つであり、症状が互いに影響を及ぼします。
歯周病

口臭の対策には歯周病の治療が必要不可欠? | 歯周病と口臭の関係

歯周病は歯と歯茎の間に食べカスが付着し、細菌の巣となる歯垢が生み出され、様々な症状を引き起こす病気です。口臭もそのひとつであり、歯周病と口臭は切っても切れない深い因果関係が存在します。
歯周病

歯周病はなぜ、サイレントディジーズと言われるのか? | 歯周病のリスク

歯周病は歯が抜けるリスクがもっとも大きい疾患です。歯周病の初期では自覚症状がない場合がほとんどで、歯がぐらつく、腫れや痛みが出る、噛み合わせが悪いなどの症状が出て初めて気づく方が多いのです。
歯周病

歯周病の段階に応じて治療方法は異なるの? | 歯周病の治療

歯周病の治療は、歯周基本治療、歯周外科治療、再治療と維持管理というように段階に応じた治療方法があります。まずすべての治療経過で最も重要で基本となるのが、歯周基本治療です。
歯周病

毎食後歯磨きをしても歯垢がたまる? | 効果的な歯周病予防

すでに歯垢や歯石がたまっていたり、歯周ポケットができたりしている方は歯科医院での歯石除去や歯周病の治療が先決です。歯の歯垢・歯石を完全に除去した上で、毎日のケアである歯磨きが大変重要になります。
歯周病

歯周病を悪化させるバイオフィルムとは? | バイオフィルムの形成予防

歯周病の原因は、歯と歯肉の境目にある歯肉溝に口の中の細菌により形成される歯垢と呼ばれるプラークです。健康な場合、歯肉溝は1〜2mmの深さですが、歯垢に存在する細菌により炎症が起こると溝が深くなります。深くなった溝を「歯周ポケット」といい、歯の表面の歯垢から時間をかけて形成されるのが「バイオフィルム」です。
歯周病

細菌感染で歯肉や歯を支える骨が溶ける病気? | 歯周病という病気

歯周病とは、細菌感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯肉や歯を支える骨が溶ける病気です。
口臭

思い込みによる口臭があるってホント? | 自臭症による口臭

口臭は自分では自覚しづらいものであり、多くの場合は周囲の人の表情や他人からの指摘によって気づくものです。虫歯や歯周病など口の中のトラブルが原因で、口臭を発することもありますが、これらは口の中のトラブルを治さない限り口臭が治まることはありません。
2023.01.05
口臭

口臭は口の中のトラブルだけじゃない? | 全身の病気が口臭の原因

他人と会話をしている際に、相手の吐く息がとても臭くて、顔をそむけたくなる経験をしたことがある方は、少なくないはずです。 口臭は自分では自覚しづらいもので、他人の顔色や誰かから「口が臭い!」といわれて、初めて気づくケースがほとんどです。
2023.01.05
口臭

虫歯や歯周病があると口臭発生率が高まる? | 口臭と虫歯・歯周病の関係

自分では気づかない口臭ほど、悩ましいものはありません。発する息がとても嫌な臭いであることを、自覚することなく会話をしてしまうので、相手は困った状況に置かれてしまいます。
2022.12.27
口臭

ケアが必要な消えない口臭とは? | 病的口臭の原因

口臭に悩まされている方のほとんどが、病的口臭によるものです。口臭を大きく分けると病的口臭・生理的口臭・飲食、嗜好品による口臭、ストレス口臭、心理的口臭の5つに分類されます。
2022.12.23
口臭

口臭はどうして発生するのか? | 口臭のメカニズム

日常生活の中で、ご自身の口臭に悩まされている方も少なくありません。自分ではなかなか気づけませんので、他人から指摘されてショックを受ける方もいます。 口臭があることが分かると会話も少なくなり、それこそ他人との食事時にはマスク会食を余儀なくされる方もいるほどです。では、口臭はどうして発生するのか、口臭のメカニズムについて解説します。