コンパスメディカルグループのロゴ

開業15周年 詳細はコチラ
医科歯科健診コラムのボタン 講演・取材のご依頼ボタン

内視鏡

内視鏡

内視鏡検査を受ける際の注意点 | 胃カメラと大腸カメラの違い

内視鏡検査を受けるときは、あらかじめ体調を整えておくことが理想です。ここでは、胃内視鏡検査(胃カメラ)や大腸内視鏡検査を受けるにあたってすべき準備と、注意点について紹介していきます。
内視鏡

内視鏡検査の所要時間はどのくらい? | 胃カメラや大腸カメラ

内視鏡検査の所要時間は人によって様々です。体質や病歴・服用している薬などによってばらつきが生じるため、正確な時間が知りたい場合は専門医に相談するとよいでしょう。ここでご紹介するのはあくまでもひとつの目安ですが、医療機関での滞在時間は胃内視鏡検査(胃カメラ)が1〜2時間程度、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が2〜3時間程度です。
内視鏡

バルーン内視鏡とは | 小腸全体を内視鏡観察できる検査方法

バルーン内視鏡とは、長さ約2mのスコープと、バルーンがついたオーバーチューブを組み合わせたものをいいます。バルーン内視鏡の登場によって、小腸全体を内視鏡観察できるようになり、小腸病変の治療なども可能となりました。
内視鏡

カプセル内視鏡とは | カプセルを飲み込むだけで簡単に検査ができる優しい検査方法

カプセル内視鏡とは、その名の通りカプセル型の内視鏡です。従来の内視鏡のようにスコープが喉や肛門を通っている状態が検査の間続くのではなく、カプセルを飲み込むだけで簡単に検査ができるため、患者様に優しい検査方法といえます。
内視鏡

内視鏡検査や治療にかかる費用について | 保険適用になるの?

内視鏡検査とは、先端に小型カメラまたはレンズを内蔵した内視鏡スコープを、口や鼻、あるいは肛門より挿入して行う検査です。食道や胃、十二指腸、大腸の内部を観察し、必要に応じて治療を行います。今回は、胃カメラや大腸カメラによる検査および治療にかかる費用の目安についてご紹介します。
内視鏡

胃カメラはなんで苦しいの? | 胃内視鏡検査の苦痛を抑えるポイント

内視鏡検査のひとつである胃カメラ(胃内視鏡検査)は、「不快感がある」「スコープが喉を通るときが苦しい」など敬遠される患者様が多い検査です。そこで今回は、胃カメラ(胃内視鏡検査)の苦痛を軽減させるためのポイントをご紹介します。
内視鏡

内視鏡検査が苦しいと言われる理由 | 嘔吐反射と緊張が原因

内視鏡検査には苦しいというイメージがあり、「内視鏡検査を受けたくない」と、後ろ向きな方もいらっしゃるかもしれません。なぜ、内視鏡検査は苦しさを感じるのでしょうか。
内視鏡

内視鏡検査のメリット・デメリット | 検査だけではなく、がん切除まで可能

内視鏡検査とは先端に小さなカメラを内蔵したスコープを口や鼻、または肛門から挿入して体内を直接検査していく方法です。検査する場所や確認する病気によってカメラと管を変えて、場合によっては組織の採取や止血を行うこともあります。
内視鏡

大腸内視鏡検査のリスクについて | 安心な検査ですがリスクゼロではありません

大腸内視鏡検査により、大腸ポリープ・大腸がんなどの疾患の早期発見、ポリープの早期治療が可能ですが、このような大腸内視鏡検査には、どのようなリスクがあるのでしょうか。
内視鏡

内視鏡検査を受ける頻度について | どれくらいの頻度ならがんを早期発見できるの?

今回は日本消化器内視鏡学会のガイドラインをもとに、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査について、検査を受ける頻度について解説します。
内視鏡

内視鏡検査はどんな時に受けるべき? | 上部消化管内視鏡検査と下部消化管内視鏡検査ごとに解説します

胃の内部などを詳しく観察できる精度の高い検査方法として、内視鏡検査が挙げられます。内視鏡検査とはどのような時に受けるべきものなのでしょうか。
内視鏡

内視鏡検査に携わる医療スタッフの役割

内視鏡検査とは、先端にCCD(超小型カメラ)が搭載された管を口あるいは鼻、肛門から挿入し、食道や胃、十二指腸、大腸などの内部を観察するものです。
内視鏡

バリウムと内視鏡のそれぞれのメリット、デメリットとは?

胃などの消化管を検査するときに選択するのは「バリウム検査(消化管造影検査)」、「内視鏡検査」と呼ばれる2つの検査方法です。
内視鏡

内視鏡検査の種類 | 内視鏡はどこから入れるの?口?鼻?肛門?

先端に小型カメラが付いた細長い管を体内に挿入して検査する内視鏡検査。「どこから入れると楽なのか」、「入れる場所によって何が違うのか」といった疑問をお持ちの方が多いと思います。