顎の痛みや口が開きにくいのは親知らずのせい? | 親知らずと顎関節症

顎の痛みや口が開きにくいのは親知らずのせい? | 親知らずと顎関節症 親知らず

親知らずで抜歯の必要がない場合

多くのケースで親知らずは抜歯することとなりますが、全ての親知らずが抜歯の対象になる訳ではありません。正常に真っすぐ生えている親知らずは、他の歯と同様に咀嚼ができるので、とても有効な奥歯となるため抜歯は必要ありません。

また、隣の歯となる第二大臼歯に悪影響を及ぼさないのであれば、抜歯の必要はなくなります。ただ、ほとんどの親知らずが横向きに生えてしまい隣の第二大臼歯を傷つけたり、虫歯となる原因を作ったりしてしまうので抜歯されてしまうのです。

親知らずが原因で顎関節症となる場合

顎関節症とは

親知らずが原因で顎関節症となる場合も、当然ながら抜歯の対象となってきます。顎関節症とは顎の痛みや、(口が)開きにくい症状となる顎の病気です。親知らずが変な方向に生えることで他の歯と接触してしまうと、自然と顎が異常な動きとなってしまいます。この状態が長期に継続されると、顎関節症を引き起こし顎の痛みや(口が)開きにくい症状が現れます。

顎関節症の原因

また、親知らずの生え方によっては、歯並びや噛み合わせが悪い不正咬合となるため、顎関節症の原因になるばかりか見た目も悪くなり、口腔内の環境の悪化やさまざまなトラブルの原因になってしまいます。不正咬合を引き起こしてしまうと、マイスピース矯正やワイヤー矯正などの矯正治療を行い、歯並びを正常に戻す必要が生じます。そうなると、長期の治療が必要となるので、親知らずの対処は早めに行っておくことが重要です。

親知らずを抜歯したあとの顎関節症

親知らずを抜歯したあとの顎関節症

親知らずが原因となる顎関節症は、親知らずを抜歯した後に起きることもあります。その理由は、親知らずを抜歯したことによる痛みや違和感にて、口腔内のケアを怠ることで炎症が起きて顎関節症を引き起こしてしまうのです。抜歯後に起きる顎関節症は多くは見られませんが、起きてしまう実例があるのは確かです。

ただ、抜歯後に歯科クリニックにてしっかりケアしていれば、顎関節症が起きることはありません。このように、親知らずを放置してしまうと、不正咬合をおこしてしまったり、顎の痛みや(口が)開きにくい症状となる、顎関節症を引き起こしてしまったりしてしまいます。

そのようなことにならないよう、親知らずは適切な処置が必要です。親知らずのことで悩んでいるなら、コンパスメディカルグループのクリニックにご相談ください。歯科医師や歯科衛生士によって、口腔衛生管理を行います。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
親知らず
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」