虫歯の治療費用っていくらぐらい? | 虫歯の進行度と治療内容等による費用の違い

虫歯の治療費用っていくらぐらい? | 虫歯の進行度と治療内容等による費用の違い 虫歯

虫歯の治療費は虫歯の進行度、詰めものやかぶせの素材、保険診療か自由診療、初診料の有無でかかる料金は大きく異なります。そして、一番大きく治療費に関わるのが虫歯の進行度。虫歯になっている歯の本数、症状の重さで治療内容が変わります。

進行度による治療内容と費用

初期の虫歯の段階

初期の虫歯の段階

初期の虫歯の場合は、口内クリーニングとフッ素塗布、ブラッシング指導だけで対応できるため、少ない料金で治療が可能です。クリーニングとブラッシングは1回に1,000円から3,000円ほど、フッ素塗布は500円から1,000円ほどが目安となります。

歯のエナメル質が溶けた段階

歯のエナメル質が溶けた段階

歯のエナメル質が溶けた段階では表面の該当部分のみ削り、詰めもので穴を埋めていきます。保険が適用された場合は1,500円から3,000円ほどで治療が可能です。歯の神経近くまで虫歯が進行している場合、治療範囲が広くなり、歯の型をとる処置が必要です。使用する詰めものも多く使用し、広い範囲に対応できる素材を使用していくことになり、その分料金も高くなります。保険診療でできる銀歯は2,000円ほど、自由診療では3万円以上かかる場合があります。

神経を抜く段階

神経を抜く段階

重度の虫歯では神経を抜く、抜いた神経の管の中を洗浄する、歯の土台を綺麗に整えてかぶせを作ることになります。大がかりな治療になるため、保険診療で1本の歯を治療したとしても1万円ほどを目安にしておきましょう。また、ここまで進行した虫歯は1回の治療で終わらないため、その都度治療費がかかります。

歯の機能が失われた段階

歯の機能が失われた段階

さらに歯の機能が損なわれるほどの重度の場合、抜歯して代わりになる入れ歯やブリッジ、インプラントを作って埋め込んでいきます。入れ歯やブリッジは保険診療で1本約3,000円ほどかかり、インプラントは自由診療のみで素材にもよりますが、30万円以上の治療費がかかると考えてください。

歯を失う前に定期検診で虫歯対策

失った歯の機能をとり戻すのは保険適用内であっても時間も費用も大きくかかります。定期的に検診を行い、口の中の環境を整えて虫歯対策を行っていきましょう。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
虫歯
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」