保険適用外だけどジルコニアセラミックを選択する理由 | クラウン(被せ物)について

保険適用外だけどジルコニアセラミックを選択する理由 | クラウン(被せ物)について セラミック治療

セラミック素材の中で強度があり、耐熱性、耐久性が高いものがジルコニアセラミックです。ジルコニアセラミックのクラウンは、内部にはジルコニアを主に使用し、上からセラミックを焼き付けています。耐熱性セラミックを焼き付けているので、溶けだす心配がありません。

セラミック素材の2種類のクラウン

セラミック素材の2種類のクラウン

セラミック素材のクラウンは審美性が高く、普通に見ただけでは被せ物をしているようには見えません。他の人から気付かれにくいのが特徴です。セラミック素材のクラウンには、すべてがセラミックで作られたオールセラミックとジルコンとセラミックの混合であるジルコニアセラミックがあります。

ジルコニアセラミッククラウンについて

ジルコニアセラミッククラウンの治療費

ジルコニアセラミッククラウンは保険適用外です。治療費が高いのがデメリットだといわれますが、すべてがセラミックのオールセラミックに比べると安価です。保険が適用されるメタリックインレー(銀歯)は、金属アレルギー反応が出る場合があります。

ジルコニアセラミッククラウンは身体への悪影響がない

また金属製のインレーを長年使用し続けていると、リンパ球に悪影響を及ぼす危険性も考えられます。その点ジルコニアセラミックは、金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。長年の使用でも身体に悪影響を及ぼす危険性はありません。

ジルコニアセラミッククラウンは劣化や変色が少ない

ジルコニアセラミックは長年使用していても、劣化や変色が少ないのもメリットです。長年の使用により歯が黄ばむということがありません。きれいな見た目を維持することができます。噛む力が強い人や睡眠時歯ぎしりをするクセがある人も、長年使用していてクラウンがすり減るということはありません。オールセラミックよりも耐久性が優れています。

ジルコニアセラミッククラウンは虫歯になりにくい

ジルコニアセラミッククラウンは、プラークや汚れが付着しにくいので口腔内を清潔に保つことができ、虫歯になりにくいのも特徴です。ただし、丈夫なジルコニアセラミッククラウンを入れたから安心と放置してはいけません。虫歯や口腔トラブルを防ぐためには、毎日のセルフケアは必要不可欠です。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
セラミック治療
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」