親知らず抜歯後の痛みはどうなるの? | 抜歯後の痛み

親知らず抜歯後の痛みはどうなるの? | 抜歯後の痛み 親知らず

親知らずを抜歯後の腫れや痛み

痛みの治まり方

親知らずの抜歯は外科的手術となるので、抜歯後は違和感を覚えてしまうのは仕方ありません。ただの違和感なら問題ないのですが、これが腫れや痛みになると辛くなります。親知らずの抜歯を行ったその日が、痛みのピークとなりますが処方される痛み止めを飲めば、痛みを感じることはそうありません。 その後徐々に痛みは治まっていきますが、1週間ほどの期間、鈍痛が継続することがあります。痛みには個人差があり、鈍痛でも「とても痛い!」と感じる方もいるので、痛みに弱い方は、あらかじめ歯科クリニックに相談しておくことをおすすめします。

痛みに弱い人は痛み止めが効果的

そして、痛みに弱い方は抜歯当日に、麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおくようにすると、痛みを感じずにピークを過ごせます。タイミングは、麻酔でしびれている状態がかなり薄くなって、感覚が戻り始めた時に、痛み止めを飲むとよいです。

親知らずを抜歯したあとの過ごし方

親知らずを抜歯した当日の過ごし方

親知らずを抜歯した当日の過ごし方

親知らずを抜歯した当日の過ごし方にも、個人で注意する必要があります。例えば、喫煙や飲酒は血流に影響して痛みを助長する結果につながってしまうので、避けた方がよいです。また、激しい運動やお風呂(湯船につかるなど)は禁止となるので、行ってはいけません。うがいや歯みがきも、抜歯後は気を付けて行う必要があり、油断して抜歯した歯ぐきをブラッシングしてしまうと、流血するかも知れませんし、痛みがぶり返す原因にもなるので要注意です。

医師からの生活における注意事項を守る

親知らずの抜歯後には、医師から状況を伝えられるのでよく聞いて把握しておくことも大切です。親知らずが顎の骨に埋まっていた場合や、多くの切開を必要とした手術になっていた場合は、医師がその旨と生活においての注意事項を伝えてくれるので、守るようにします。

ドライソケットや第二大臼歯の知覚過敏

また、ドライソケットと呼ばれる状態に陥ると、痛みが続く期間が長くなり、放置しておくと痛みが増してくるので直ぐに歯科クリニックでの処置が必要です。

親知らずを抜歯した後には、隣の第二大臼歯が知覚過敏になることもあります。いずれにしても、通常より長く痛みが続くようであれば、鈍痛の場合でも歯科クリニックに相談することをおすすめします。

コンパスメディカルグループでは、口腔衛生指導及び口腔ケア・マネジメントに取り組んでいますので、親知らずの抜歯あとの痛みについても、しっかり予防することが可能です。親知らずの抜歯を検討しているなら、ぜひコンパスメディカルグループのクリニックに、お気軽にご相談ください。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
親知らず
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」