歯が欠損したときの補綴物クラウンとは? | 補綴歯科クラウン(被せ物)について

歯が欠損したときの補綴物クラウンとは? | 補綴歯科クラウン(被せ物)について セラミック治療

補綴物の3つの種類

歯の一部、もしくは全体が虫歯などを放置した結果、う蝕により欠損した場合は補綴(ほてつ)しなければなりません。補綴(ほてつ)物には、インレー・アンレー・クラウンがあります。インレー・アンレー・クラウンとは、修復方法の違いです。

インレーについて

インレーについて

インレーは、虫歯治療で削った個所にピンポイントで詰め物をする修復方法です。インレーには、金属製の金歯、銀歯、白色のセラミック、レジンがあり、セラミックとレジンを混ぜたハイブリットセラミックなどがあります。金属製のものは見た目が美しくなく、目立たない白色の詰め物を希望する人が増えています。

アンレーについて

アンレーについて

アンレーも詰め物を用いた修復方法ですが、インレーとの違いは修復する範囲の違いです。虫歯の進行具合や削り具合によって使い分けられています。インレー同様、金属製のものと白色のものに分けられます。

クラウンについて

クラウンについて

クラウンは、被せ物のことです。クラウンも、金属製のクラウンと白色のクラウンがあります。レジンには強度がないので、金属と組み合わせたものが用いられます。硬化レジン前装冠といって金属の上に白い樹脂を盛っているものです。前歯ならば、保険が適用されます。

セラミックやジルコン製のクラウン

クラウンで人気があるのは、自前の歯の色と変わらないセラミックやジルコンを使用した被せ物です。強度が高く、劣化しにくい特性を持ちます。ただしジルコンは硬度が高いので、噛む力が強い人の場合、あごや自前の歯に負担がかかることがあります。

金属製のクラウン

対して金属製のクラウンは、あごや歯に負担が少ないです。特にゴールドクラウンの素材は金で、同じ金属でも金属アレルギーが出にくいといわれている素材です。強度はあるのですが見た目は金色に見えるので、目立たない上の奥歯などで使用する人がほとんどです。

まとめ

インレー・アンレー・クラウンは、素材の違いによって、それぞれ特性が違います。それぞれにメリット、デメリットがあります。使用箇所や使用目的を歯科医と相談し、ご自身に適したインレーやクラウンを用いることをおすすめします。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
セラミック治療
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」