保険適用外なのにセラミックインレーを選択するメリットとは? | セラミックインレー治療

保険適用外なのにセラミックインレーを選択するメリットとは? | セラミックインレー治療 セラミック治療

セラミックインレーは口腔内に装着する詰め物の中でも保険適用外であり、保険診療のインレーよりも10倍近い費用がかかります。自費負担が大きく、患者様の選択肢から外れることが多いのですが、長持ちする点と透明感があって自然の歯の色合いに近く、審美性が高いのがセラミックインレーの強みです。

保険適用の金属インレーのデメリット

保険適用の金属インレーである銀歯では治療の跡が目立つ他、経年劣化によって金属部分が酸化して黒ずんでしまいます。黒ずむことで虫歯のように見えてしまい、口を開けるのを躊躇う患者様も少なくありません。

保険適用外のセラミックインレーの特徴

オールセラミックインレーについて

オールセラミックインレーについて

セラミックインレーでは5年から10年は本来の白さが保てるので、早くに作り替えをする必要もなく安心です。セラミックインレーの種類のひとつ、オールセラミックインレーは汚れやプラークが付きにくく、変色リスクも少ないため、見た目を美しく維持できます。100%セラミックでできており、金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただけるのも特徴です。ただし噛み合わせの調整が非常に難しく、噛む力が強い奥歯に使用すると陶器と同じく割れる場合があり、注意が必要です。

ハイブリットインレーについて

セラミックとレジンを混ぜたハイブリットインレーは、セラミックとレジンの長所を活かしているのが特徴になります。セラミックの強度とレジンの柔らかさを兼ね備えているので、奥歯でも安心して使用できます。レジンを含むことから、自費治療のセラミックインレーの中でも比較的安い費用で使用できるのもメリットのひとつです。

保険適用外のセラミックインレーのデメリット

メリットの多いセラミックインレーですが、毎日のケアや定期的なメンテナンスを怠れば、再び虫歯が発症する可能性を高めてしまいます。セラミックインレーは患者さんの自費負担であるため、作り替える際も高い費用が必要になります。

一度だけでも高い費用がかかる詰め物ですので、費用をおさえるためにも定期的に歯の状態を確認し、セラミックインレーの白さを長く保てるように努めましょう。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
セラミック治療
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」