保険適用外のセラミック治療のメリットとは? | 保険適用内の治療との違い

保険適用外のセラミック治療のメリットとは? | 保険適用内の治療との違い セラミック治療

セラミック治療のメリット

セラミック治療のメリット

見た目の美しさ

セラミック治療は、保険適用内での治療と比べていくつか違いがあります。まず、見た目の美しさの違いです。保険適用内の治療では、治療した跡が一目瞭然なのに対して、セラミック治療の場合は、治療跡が目立ちません。

二次虫歯の再発リスクが低い

セラミック治療には、見た目の美しさ以上に大きな利点があります。それは、二次虫歯の再発リスクが低い点です。保険適用治療で使われる素材は、劣化が早く、補綴(ほてつ)した部分と自前の歯に隙間ができやすいのです。その隙間に虫歯菌や食べ物のカスが入りこみ、虫歯が再発しやすくなるのです。

虫歯になりやすい体質の人はちょっとしたことで虫歯になります。また虫歯になりやすい人は虫歯になったことに気づきやすいので、早期治療ができます。早期発見により削る部分が少なく、補填個所も少ないのは良い点ですが、保険適用のレジン補填の場合、レジンは水分を吸収しやすいため、歯との接合個所に隙間ができやすいのです。そのため保険適用治療の場合、同じ歯が二次虫歯になりやすいといわれています。

その点セラミック治療の場合は耐久性が高く、劣化しにくいことに加えて、接着性が優れています。セラミックは水分を吸収しにくい素材なので、水分を吸収して接合個所が剥がれたり浮いたりすることがありません。そのため、虫歯のリスクも低くなります。

歯との接合個所に隙間ができない

実は、保険適用治療内の素材もセラミック素材も接着剤は同じものを使用しています。同じ接着剤でも接着方法が異なります。合着は素材の表面に接着剤が入り固まる手法の保険治療に対して、セラミック治療の場合は、歯と素材を接合させる手法を用いています。そのため、歯とぴったりと接着していて隙間ができないのです。

まとめ

まとめ

セラミック素材は経年劣化が少なく、白さや透明感が長持ちします。保険適用内の素材の場合は、どうしても劣化が激しく再度同じ歯への治療をする必要があります。1回の治療費は高くても、長い目で見るとセラミック治療の方が、後々の煩わしさや通院の頻度が少なくて済むのではないでしょうか。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
セラミック治療
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」