自費なのに「金属床義歯」が選ばれる理由とは? | 金属床義歯(総入れ歯)

自費なのに「金属床義歯」が選ばれる理由とは? | 金属床義歯(総入れ歯) 入歯(義歯)

金属床義歯(総入れ歯)のメリット

自費義歯でできる金属床義歯(総入れ歯)は利点が多くあります。粘膜の上に乗せる主要部分である床が金属でできているものを金属床義歯と呼び、保険適用のプラスチック製よりも丈夫なのが特徴です。

会話に支障がない

金属でできていますが、口を開ける部分は歯茎と同じ薄いピンク色で覆われているので見た目を気にする必要はありません。プラスチック製よりも頑丈な金属床で、床部分の厚さを薄くできるのがメリットです。プラスチック製の厚さは3mmから4mmに対し、金属床ではその3分の1の薄さで製作が可能となります。口の中が本来の歯があった時と変わらず広く感じて違和感がないため喋りやすくなり、会話にも支障がありません。

食事への支障が少ない

また、入れ歯の床部分が分厚いと熱を伝えにくくなります。金属床はプラスチックよりも床部分が薄いことで熱が伝わりやすく、食事への支障も少なくなるのが特徴です。味覚は冷たさや温かさの感じ方によっても左右されるため、熱伝導はとても重要な要素となります。

健康面や衛生面に役立つ

プラスチック製は噛む力が強い場合や衝撃があると破損しやすくなりますが、金属床は耐久性があって長持ちします。たわみにくく、健康な天然歯と同じようによく噛んで食べ物を噛み切ることができ、胃腸への負担を軽減します。変形が少なく食べ物の臭いも定着しないので、健康面や衛生面にも役立ちます。

様々な口腔内に対応できる

様々な口腔内に対応できる

保険適用のプラスチック製の義歯では設計に制限があり、患者様の口腔内の状態に合わせることができない可能性が高いです。金属床義歯は様々な形に変えられるため、多くの患者様の口腔内に対応できるのも金属床のメリットとして挙げられます。自費治療で高額であるため、プラスチック製の入れ歯を使用して違和感がある場合に金属床義歯を検討するというのも1つの手段です。

長く楽しく食事を行うために、自身に合った入れ歯を製作することはとても重要になります。費用や希望素材をご相談していただき、納得できる入れ歯製作を行っていきましょう。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
入歯(義歯)
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」