人工歯を入れる方法にはどんな種類があるの? | インプラントとブリッジ、入れ歯の違い

人工歯を入れる方法にはどんな種類があるの? | インプラントとブリッジと入れ歯の違い インプラント

虫歯などで歯を失った際、人工歯を代わりに使用することで歯の機能を取り戻せます。抜いた箇所に人工歯を入れる方法にはインプラントとブリッジ、入れ歯と種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

インプラントの特徴

インプラントの特徴

インプラントのメリット

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込み、アバットメントを取りつけて義歯と連結させることで歯の機能を回復する治療です。インプラントのメリットは義歯をしっかり固定することができ、元の歯と遜色ない形で歯の機能を回復させます。異物感もなく、しっかり固定されているため外れる心配もありません。

インプラントのデメリット

デメリットとしては、保険適用外で高額な治療費になることが挙げられます。また、埋め込むのに切開手術をしなければならないため、大がかりで治療期間も長くなるのも特徴です。健康で骨の厚さや高さがあり、傷口の回復が可能な状態でなければ受けられない高度な治療となります。

ブリッジの特徴

ブリッジの特徴

ブリッジのデメリット

ブリッジは失った歯を補うために隣接している健康な歯を削って、そこに人工歯冠を使い、橋をかけるようにかぶせて中心の歯を支え、歯の機能を回復する治療のことです。健康な歯を削らなければならない点と、両隣の歯が土台として機能できなければ取りつけることができない点がデメリットとして挙げられます。

ブリッジのメリット

メリットとしては手術の必要がなく、治療期間が短いことです。保険適用内で治療できるため、患者様の費用負担を軽減できるのもメリットの1つになります。費用はかかりますが、保険適用外の素材を選ぶことで天然の歯に近い色で審美性を高めることもできます。

入れ歯の特徴

入れ歯は取り外し可能な義歯を口腔内に入れ、失った歯の代わりにする一般的な治療方法です。部分入れ歯では通常バネで両隣の歯に引っかけて入れ歯を固定します。入れ歯は保険適用内で治療可能になっています。

バネが目立つことで審美性に欠けるのがデメリットですが、保険適用外で目立たないバネにすることも可能です。手術もなく治療期間が短いため気軽にできる治療法ではあるものの、取り外しができる分、話している際に外れることもあり注意が必要です。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
インプラント入歯(義歯)
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」