歯を磨いているのに口の中が臭う | 虫歯が原因の口臭発生を予防する方法

歯を磨いているのに口の中が臭う | 虫歯が原因の口臭発生を予防する方法 虫歯

しっかり歯を磨いているはずなのに、口の中が臭うと悩んでいる方も少なくありません。
実は虫歯が口臭の原因となることも多く、これは病的口臭に位置付けられるため、元の虫歯を治さなければ改善することは難しいです。虫歯が原因の口臭発生をおさえるために、普段の生活で予防方法を意識しておきましょう。

虫歯にならないことが大切

虫歯になることで歯に穴が空いたり隙間ができ、そこに食べカスが溜まって腐ることで臭いを発生させます。そのため、虫歯が原因である口臭は、まず虫歯にならないことが大切です。

虫歯の増殖をおさえましょう

歯間ブラシで掃除する

虫歯にならないためには、まず虫歯菌の増殖をおさえましょう。ご飯を食べた後に歯磨きを行い、虫歯と口臭の原因となる食べカスをしっかり除去することが大切です。歯磨きは歯の表面だけでなく、歯間ブラシで歯の隙間までしっかりと掃除をしてください。

フッ素配合の歯磨き粉を活用する

歯磨きの際にはフッ素配合の歯磨き粉を活用することも重要です。フッ素には歯を丈夫にする他、歯の修復を促す効果があります。

虫歯リスクをおさえましょう

糖分をコントロールする

虫歯は口の中にある虫歯菌が酸を生み出し、歯が溶けていく病気です。酸を生み出すのは主に虫歯菌のエネルギーとなる糖分を摂った時が多く、虫歯にならないためには糖分の量や食べる時間、回数を減らす必要があります。糖分をコントールすることで、口の中の唾液を上手く働かせることができ、虫歯リスクをおさえてくれます。

唾液の分泌量を多くする

人の口内では唾液が酸で溶けた歯の修復を行っており、唾液の分泌量が多いほど虫歯リスクが低くなります。常に食べ物を口に入れている状態では、酸の分泌量が多くなり、唾液の修復機能が追いつきません。そのため、飴やガム、飲み物を口にしない時間を作り、唾液の分泌を促す必要があります

口の中を乾燥させない

虫歯、口臭リスクを下げるためには唾液の分泌が重要であるため、口の中を乾燥させないことも予防方法となります。口を開けるクセがある方は、口を閉じて乾燥を防ぎ、唾液を分泌させることを意識しましょう。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
虫歯口臭
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」