歯周病の段階に応じて治療方法は異なるの? | 歯周病の治療

歯周病

歯周病の治療は、歯周基本治療、歯周外科治療、再治療と維持管理というように段階に応じた治療方法があります。まずすべての治療経過で最も重要で基本となるのが、歯周基本治療です。

最も基本で重要な歯周基本治療

歯周基本治療は、歯周病の原因である歯垢や歯石を徹底的に除去するもので、患者さん自身が行うセルフケアと歯科医が行うプロフェッショナルケアがセットになっています。歯周基本治療には、プラークコントロール、スケーリング、咬合調整をはじめ複数の治療法があります。特に歯垢の抑制を目的とするプラークコントロールが重要です。

プラークコントロールの重要性

プラークコントロールができていないと、それ以上の処置をしても良い効果は得られません。毎日の継続が大変重要になるため、歯科医院では歯磨き指導やカウンセリングなどにより、患者さんにケアの重要性を認識していただきます。一方、スケーリングは歯科医院で機械を使用して行う歯垢除去です。歯肉より上の見えている歯垢を徹底的に除去することで、プラークコントロールがしやすくなります。また、歯周病が進行して歯がぐらつくと、噛み合わせが悪くなります。その歯で噛むと余計に歯への負担が増し歯周病を悪化させるため、咬合調整をします。歯周基本治療だけでは歯周ポケットの歯垢が除去しきれない場合や、進行が重症の場合は次のステップに進みます。

歯周組織再生の歯周外科治療

歯肉を切開して歯周ポケットの奥深くの歯垢・歯石を除去する歯周外科治療。歯周病により失われた組織を再生する歯周組織再生療法。治療の選択は複数ありますが、歯の状態や患者さんの基礎疾患によっても変わります。治療が終了すると検査による再評価を行います。歯周ポケットの状態が改善されなければ再治療となり、治るまで治療と検査を繰り返します。

セルフケアとプロフェッショナルケアの活用

一方、正常値まで改善された場合や、歯肉炎の症状がみられなくなった場合は、定期検診やメンテナンスに移行します。歯周病の再発は非常に多く、メンテナンスの継続が非常に重要です。治療後の良好な歯の状態を維持するために、定期的に歯科医による歯のチェックとプラークコントロールを行い、歯周病の再発・進行を防ぎます。

歯周病を改善するためには根気的なケアと治療が大切です。症状の重い方も軽い方も基本は同じ、自宅でのケアと継続した定期検診です。セルフケアとプロフェッショナルケアを活用し、健康な歯を維持しましょう。

この記事を監修してくれた歯医者さん
日本口腔外科学会 認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業・昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了・昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教・医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師、歯学博士・日本口腔外科学会 認定医・日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

越智英行をフォローする
歯周病
この記事をシェアする
歯医者コラム | みんなの食べる幸せづくり「コンパスクリニック」