コンパスメディカルグループのロゴ

開業15周年 詳細はコチラ
医科歯科健診コラムのボタン 講演・取材のご依頼ボタン

歯科医師の開業適齢期は?

外来診療 歯科医師

歯科医院開業の時期:適齢期の考え方

歯科を目指している方、勤務医として働いている方のなかには、ゆくゆくは独立して歯科医院の開業を目指す方も多いでしょう。
現在は少子高齢化により、虫歯治療で歯科医院を訪れる子どもは減少していますが、反対に高齢の患者数は増加していることから、今後も歯科医院のニーズは伸びると考えられます。
開業すれば自分の理想の歯科医院がつくれるほか、収入に上限がなくなることも大きなメリットです。では歯科医院を開業するのはいつが適齢期なのでしょうか。

開業資金とキャリア形成:開業に向けた準備と課題

歯科医院は、歯科医師免許さえあれば基本的にいつでも開業できます。ただし、設備投資のことも考えると、開業にあたっては多額の資金が必要となります。

一般的に開業資金の目安は約5,000万円といわれており、これを準備することを考えると、若いうちの開業はそう簡単ではありません。
また、独立開業するということは、歯の治療や診察だけでなく、スタッフの人材育成や医院経営にも注力しなければなりません。
そのため、勤務先の歯科医院でさまざまなキャリアを積んだうえで開業を目指すことが、結果的に近道になると考えられます。

歯科医院開業の年齢傾向と背景

実際、開業する年代の平均は40代であり最も多いのが60代となっています。歯科医院を独立開業する年代も年々高齢化しており、70代になってから開業する人もいるほどです。

国家資格である歯科医師資格は、一度取得すれば一生有効であり更新の必要もありません。
歯科医師として働き続ける限り、生涯現役でいられることも開業の高齢化を後押ししていると考えられます。

上述の通り、開業資金やキャリア形成の問題から40代以降での開業が多くなっていますが、歯科医師としての独立を視野に入れているのであれば、早い時期から準備を始める必要があります。開業資金を貯めつつ診療スキルを磨くことはもちろん、さらなる成功につなげるためには時代のニーズにマッチした経営戦略を考えることも大切です。勤務医として従事する間も常にアンテナをはり、開業に向けた情報収集を行いましょう。

コンパスメディカルグループでは、スタッフの働きやすさ「ワークライフバランス」の改善、異なる専門スタッフ同士の垣根ない連携「チーム医療」の追求により、日々最善の医療提供を目指しております。また、医科・歯科・健診の3つの事業、訪問・外来の2つの診療形態に従事する多様なスタッフが、互いにリスペクトし合い、フラットな関係で学び合える環境を追求しております。
患者様の「食べる」「寝る」「出す」を支え、一日をにっこり過ごしてもらいたい、そんな想いを持った仲間を募集中です。少しでも興味をいただけた方は、コンパスメディカルグループの採用情報を是非ご覧ください。

この記事を監修してくれたお医者さん
日本歯科医師協会認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業/昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了/昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教/医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師/歯学博士/日本口腔外科学会 認定医/日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

お医者さんが監修した記事お仕事コラム外来診療 歯科医師
この記事をシェアする
医科歯科健診コラム | コンパスメディカルグループ