コンパスメディカルグループのロゴ

開業15周年 詳細はコチラ
医科歯科健診コラムのボタン 講演・取材のご依頼ボタン

介護現場での歯科訪問診療の重要性について

訪問診療 歯科医師

歯科訪問診療の対象者

患者様の自宅や介護施設、入院先の病院へ訪問し、歯科診療・治療、口腔ケアなどを行うのが歯科訪問診療です。歯科医師だけでなく、歯科衛生士が同行する場合もあります。

歯科訪問診療は、身体的・精神的理由により通院が困難な方が対象となります。通院が難しい状態にある方ほど、治療が必要な状態に陥りやすいのです。

歯科訪問診療の重要性

先述したとおり歯科訪問診療の対象者は通院困難な方とされていますが、疾病がある方とは限りません。体に障害がある方や、要介護の高齢者も対象となります。

とくに近年、歯の状態は心身の健康やQOL向上にもつながるということで、介護の現場でも歯科訪問診療の重要性が見直されています。

歯科訪問診療のメリット

入れ歯(義歯)の場合

歯科訪問診療では、診察から治療、口腔ケアに至るまで、一般的な歯科診療とほぼ同様のことが行われます。問診や診察、むし歯治療、歯周病治療、抜歯などに加えて、入れ歯作製・修理なども可能です。

たとえば入れ歯を作製した場合、歯科医師が患者様の食生活の様子を直接見ることで、よりきめ細かな調整が可能です。このように、歯科医師が訪問して治療を行うメリットは、通院が不要になることだけではありません。患者様一人ひとりに応じて最適な歯科治療が実現します。

介護現場の場合

また介護の現場においても、歯科訪問診療はさまざまなメリットをもたらします。通院が困難な要介護者の口腔ケアは、誤嚥性肺炎の予防に有効です。誤嚥性肺炎の予防として、アドバイスしたり、口腔機能のリハビリを実施したりする場合もあります。

さらに、口内環境を整えることは、食事の楽しみを回復させることにもつながります。歯科訪問診療の場合、患者様の身体状態や体力に合わせて無理のないように進められるのも利点のひとつです。

コンパスメディカルグループでは、スタッフの働きやすさ「ワークライフバランス」の改善、異なる専門スタッフ同士の垣根ない連携「チーム医療」の追求により、日々最善の医療提供を目指しております。また、医科・歯科・健診の3つの事業、訪問・外来の2つの診療形態に従事する多様なスタッフが、互いにリスペクトし合い、フラットな関係で学び合える環境を追求しております。
患者様の「食べる」「寝る」「出す」を支え、一日をにっこり過ごしてもらいたい、そんな想いを持った仲間を募集中です。少しでも興味をいただけた方は、コンパスメディカルグループの採用情報を是非ご覧ください。

この記事を監修してくれたお医者さん
日本歯科医師協会認定医

略 歴
昭和大学 歯学部 卒業/昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了/昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教/医療法人社団コンパス 常務理事

保有資格
歯科医師/歯学博士/日本口腔外科学会 認定医/日本外傷歯学学会 認定医

監修医師プロフィールはこちら

お医者さんが監修した記事お仕事コラム訪問診療 歯科医師
この記事をシェアする
医科歯科健診コラム | コンパスメディカルグループ