コンパスメディカルグループのロゴ

開業15周年 詳細はコチラ
医科歯科健診コラムのボタン 講演・取材のご依頼ボタン
歯科医師(外来)インタビュー

INTERVIEW

歯科医師(外来)
伊藤 亜希さん

INTERVIEW

インタビュー写真

インタビュー

医療法人社団コンパス 2023年1月 入職
歯科医師(外来)

伊藤 亜希

外来診療の歯科医師になろうと思ったきっかけを教えてください。

父親が歯科医師だったので、物心ついた頃から私も歯医者になるんだろうなと思っていました(笑)もともと手先が器用だったのと、父親の患者さんから「お父さんは上手な歯医者さんだよ」と聞いていたので、将来は上手な歯医者さんになりたいと思っていました。
歯科は大学に入ってから学びました。学んでみるとすごい面白くて口腔外科や矯正歯科はじめ色々とやりたいと思いました。その中で今後のライフステージと専門として極めるための時間を鑑みて、早期に身に着けられるスキルで全身管理に興味があった歯科麻酔を専攻しました。
1年間の研修後、大学病院に入局して週3~4回で歯科麻酔をやりながら、週1~2回は外部の歯科クリニックで訪問診療や外来診療を経験し、麻酔認定医を取りました。その後、上京する機会があり、外来の一般診療を本格的に学びたいと思い、今に至ります。

当グループに入職を決めたポイントを教えてください。

上京後も先輩に紹介してもらった地元の仕事を週1回は続けたかったので、兼業できる職場を人材エージェントを通して探していたところ、当グループを紹介してもらいました。面接のとき常務理事が兼業について「全然大丈夫ですよ」と言ってくれたことが決め手としては大きく、気さくでフランクなお人柄で「わからないことがあったら、なんでも教えるし協力するよ」と言ってくれたことは、非常に心強かったです。外来診療をメインに私一人で担当する経験がなく不安だったので、職場見学をしながら常務理事や先輩歯科医師にアドバイスをもらい不安を払拭できたことも入職を決めたポイントでした。

当グループに入職した当初は、どのような印象を持ちましたか。

職場の皆さんが温かく、楽しい職場という印象です。あとは歯科衛生士の枠含めて2列枠で患者様を診るので思ったより忙しいとも感じました(笑)患者様については、当クリニックの地域性もあり高齢者が比較的多く感じられますが、多様な患者様がいらっしゃるのは今までも経験してきているので、大きなギャップを感じるようなことはありませんでした。

当グループの接遇力について、どのような印象を持っていますか。

患者様の状況や情報を考えながら丁寧に接していると思います。特にSPT(歯周病安定期治療)では治療費に見合うだけの仕事、患者様に納得してもらえる仕事をしようという気遣いを私への治療提案や報告内容から感じることが多くあります。

歯科医師(外来)インタビュー写真

外来診療の歯科医師として最も大切だと思うことは何ですか。

患者様に満足してもらえるだけの技術力があることが大前提だと思います。また、根治根充されていないとか、入れ歯を口の中にくっ付けてしまったとかのようにあり得ない治療はしない、標準的な診療をすることです。
そのうえで、患者様の希望を聞き逃さないようにしています。私が最善の治療と思っていても、患者様が納得していなかったら全然意味がありません。最善と思う理由やメリットデメリット等の医療の知識をしっかり伝えて、最終的には患者様の希望に寄り添い、患者様が選択された方法で治療するようにしています。

外来診療の歯科医師の仕事において、最もやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。

やはり、患者様に喜んでいただけたときです。例えば、噛むことができない患者様の希望通りに噛めるように治療ができたときとか、前歯等の歯並びや見た目を気にされている患者様がきれいになったときに、患者様から「やってよかった」と言ってもらえたときに達成感ややりがいを感じます。その反対に、たまに患者様が何も言わないときや表情が明るくないときは、「大丈夫ですか、何かありましたか」とお声掛けして違和感があれば、できるだけ改善しています。どうしても改善が難しい場合は、丁寧に理由を説明するように心掛けています。
また、経営目線ではコンサルの診療点数を気にすることも必要なので、患者様にしっかり寄り添いながら点数を上げていくこともモチベーションのひとつになっています。

患者様とのコミュニケーションの中で働きがいを感じるのはどんなことですか。

私が入職したときに引き継ぎを受けながらアシスタントをさせてもらっていた前任の歯科医師は、患者様のプライベート情報までを把握されていました。私はそこまでを把握できていないので、私自身のコミュニケーション力はまだまだ発展途上で今後の課題です。問診や診療の合間の患者様との会話の中で、もう少し患者様の情報を引き出せるようにして治療に繋げていきたいと思います。

歯科医師(外来)インタビュー写真

チーム医療において、外来診療の歯科医師が果たす役割にはどのようなものがあると思いますか。

外来診療ではひとりドクター体制なので診療室の司令塔のような存在だと思っています。スムーズに患者様の入れ替えができように全体をみて指示出しすることが必要だと思いながらも、歯科衛生士や歯科助手にサポートしてもらうことが多く、私はまだその半分ぐらいしかできていなかもしれません(笑) 飛び込みや急患対応含めて今後もっと采配を振れるようにしていきたいです。

取り組んだ方が良いと思う働き方改善があれば教えてください。

週に1回専門外来で常務理事がクリニックに来てくれたり、外部の勉強会に参加できたりと、私は今の働き方をわりと気に入っています。
一方で、歯科衛生士の働き方については、歯科医師の自費治療に対するインセンティブのようにSPT(歯周病安定期治療)に対してインセンティブのような頑張ってくれた分の還元ができればと思うことはあります。ただ、患者様や点数の割り振りなどを個人に紐づけることは難しいかもしれないので、スタッフ全員に何かしらのかたちで還元できる制度設計があると良いかなと思っています。

今後の目標があれば教えてください。

インプラントや矯正歯科等、まだ私の知識が及ばないところがたくさんあるので、何でも相談できる歯医者さんになりたいです。例えば、インプラントだとそもそもの適用可否の判断が難しいです。適用と判断をする場合でも欠損歯数が多いことが多々あり治療費が高額になるため、患者様はためらってしまい治療に至らないこともあります。それでも提案をしていかないと学びには結びつかないので、常務理事に提案方法を教わりながら症例を作っていきたいです。
また、今も週1回で麻酔科医の仕事をしているので、麻酔科医として何か広げていけたらと思っています。当クリニックだとスペースの問題や設備投資の面で難しいかもしれませんが、いずれは嘔吐反射や歯科恐怖症のような特別対応が必要な患者様を鎮静しながらの歯科治療できたら嬉しいです。

外来診療の歯科医師の入職を検討している方にメッセージをお願いします。

当グループの外来診療はひとりドクター体制が基本なのでその分、自分を高めていける場所、自分の実力を試していける場所だと思っています。また、私のように他院との兼業など融通が利きやすい勤務体系だったり、当院はママさんスタッフが多く9時~18時の診療時間含めてママさんスタッフや女性歯科医師にとっても働きやすい職場環境だと思いますので、安心して応募していただければと思います。

採用までの流れ

ご希望があれば応募前に
現場を見学することも可能です

約半日、現場スタッフが1日の流れや
働き方についてご説明いたします。
※訪問診療の場合、施設同行して見学することができます。