2022-10

親知らず

親知らずが虫歯になったらどうなるの? | 親知らずの虫歯

親知らずが虫歯になってしまったら、ほとんどのケースで虫歯治療ではなく抜歯することとなります。それでも親知らずの虫歯を、他の歯と同じように虫歯治療を行い、被せ物を施すこともありますが、このような親知らずの虫歯治療はごくまれであり、真っすぐに正常に生えており、上下の噛み合わせも問題ない場合にのみ虫歯治療が可能です。従って、親知らずが虫歯になってしまったら、ほとんど抜歯となると考えてよいでしょう。
2022.11.17
親知らず

親知らずは残すべき、抜くべき? | 親知らずの抜歯の必要性

親知らずは抜歯したほうがよいのか、温存したほうがよいのか、一般の方には悩ましいところです。親知らずを温存できる条件は、他の歯と同様に真っすぐに生えていて、上下の噛み合わせも問題なく機能していることです。このような条件を満たす方はほんの少数であり、ほとんどの方が条件を満たさないので抜歯することとなります。
2022.11.17
親知らず

必要ではない親知らずが、なぜ生えてくるのか? | 親知らずのメカニズム

一般的に親知らずと呼ばれる歯は、歯の一番奥に生える永久歯のことで、智歯(ちし)や第三大臼歯とも呼ばれます。一般的に15歳~18歳くらいから親知らずは生えてくるといわれていますが、必ずしも誰もがきれいに見えるように生えるとは限りません。
2022.11.17
入歯(義歯)

治療費用が異なる保険診療と自費診療の選択材料とは? | 入れ歯の治療費用

入れ歯の治療費用は保険診療と自費診療で大きく変わります。保険適用の3割負担では部分入れ歯が3000円から7000円ほど、総入れ歯では9000円ほどで治療できるのが特徴です。
2022.11.17
入歯(義歯)

保険適用の部分入れ歯のメリット、デメリットは? | 保険適用の部分入れ歯の特徴

保険適用の部分入れ歯は安価に加え短時間で製作できるのが大きなメリットです。失った歯をそのまま放置すると両側の歯が倒れたり、歯並びにも影響を及ぼしたりするので早急な対応が求められます。そのため、歯の機能を早く補える治療は他の健康な歯を守ることに繋がります。切開といった手術の必要がなく、より短時間で提供できるのもポイントです。
2022.11.17
入歯(義歯)

プラスチック樹脂の総入れ歯のメリットとデメリット | 保険適用の総入れ歯の特徴

総入れ歯はすべての歯を製作する必要があるため、自費治療では数十万円ほど費用がかかる傾向にあります。その点、保険適用内の総入れ歯は安価で提供でき、患者様の費用負担も少なくなるのが特徴です。保険適用内で製作できる総入れ歯はレジンというプラスチック樹脂が素材となります。固定するための外科手術は行わず、短い期間で治療を完了するのもメリットです。
2022.11.17
入歯(義歯)

自費なのに「金属床義歯」が選ばれる理由とは? | 金属床義歯(総入れ歯)

自費義歯でできる金属床義歯(総入れ歯)は利点が多くあります。粘膜の上に乗せる主要部分である床が金属でできているものを金属床義歯と呼び、保険適用のプラスチック製よりも丈夫なのが特徴です。
2022.11.17
入歯(義歯)

「保険義歯」と「自費義歯」の違い | 入れ歯(義歯)の種類と特徴

保険が適用される「保険義歯」の特徴 入れ歯(義歯)は、保険が適用されている「保険義歯」と適用外の「自費義歯」に大きく分かれています。保険適用の入れ歯は治療費が低額になり、患者様の費用負担が少なくなるメリットがあります。ただし...
2022.11.17
インプラント

人工歯を入れる方法にはどんな種類があるの? | インプラントとブリッジ、入れ歯の違い

虫歯などで歯を失った際、人工歯を代わりに使用することで歯の機能を取り戻せます。抜いた箇所に人工歯を入れる方法にはインプラントとブリッジ、入れ歯と種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
2022.11.17