インプラント

インプラント

口腔内や身体の状態によってはインプラント治療ができない! | インプラント治療ができないケースとは?

保険適用外で高額であっても、美しい歯に再び戻すためにインプラントを選択する方は少なくありません。しかし、インプラントは虫歯治療などとは異なり、誰でもできる治療ではなく、口腔内や患者様の身体の状態によって治療できるかどうかが決まります。
インプラント

歯を再び失わないために必要なこと | インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラント治療を行った後にインプラントの周辺の歯茎が歯周病となった状態を指します。インプラントは天然歯よりも炎症への抵抗が弱い傾向にあり、一度炎症が起こると急速に歯周病が進んで最終的に脱落してしまいます。また、インプラントは人工歯のため軽度の段階では自覚症状が出にくいため、歯を再び失わないためには毎日のケアやメンテナンスが必要です。
インプラント

顎の骨量によってインプラントの手術回数は異なります | インプラントの手術法

インプラントの手術法には一回法と二回法の2種類があります。患者様の顎の骨量によってどちらの手術法を行うか決まりますが、二回法がインプラントの手術法として基本となっています。骨量が少ない場合は、歯の支えである歯槽骨をまずは再生することが重要なため、二回法でのインプラント手術が必要なのです。
インプラント

人工歯に使われる様々な素材の特徴が知りたい | 人工歯の素材

治療に使われる詰め物や被せ物などの人工歯には様々な材質が存在し、保険適用内で多くの方が利用している人工歯の素材には銀歯とレジンがあります。銀歯は正しくは金銀パラジウム合金という化合物であり、安価ながらも強度があるため、多くの患者様の選択肢に入っていることが多いです。ただし、金属なので金属アレルギーの方には利用できない点がデメリットになります。
2022.09.27
インプラント

骨量が足りなくても、インプラント治療は可能です | 骨再生誘導法(GBR)について

インプラントを安全に行うには、歯を支える土台部分の骨が重要となるため、ある一定の骨量が必要になります。しかし、歯を支えている骨である歯槽骨は、歯周の病進行や抜歯などにより歯を失った場合には痩せてへこんでしまいます。 この状態では歯を支える骨量が足りていないため、インプラントを埋め込むための厚さと高さの条件を満たすことができません。骨量が足りないからとインプラント治療を諦めなければならない、と考える患者様も少なくありませんが、実は歯の骨量は増やすことができます。
インプラント

安心してください!手術が怖くて諦めている人 | インプラントの手術

インプラントの手術が怖いと思う方は、意外と多くいらっしゃいます。怖いことが先だって、インプラント治療を諦めている方がいるかも知れません。
インプラント

インプラントは半永久的に使用できるわけではありません | インプラントの寿命

インプラントは、歯を失った部分に対してとても有効な手段で、噛み心地や審美性などに優れた入れ歯です。ただ、半永久的に使用できるわけではなく、インプラントの寿命は約10年~15年といわれています。 しかし、インプラント治療後のメンテナンスによっては、15年~20年と寿命を延ばすことが可能となっています。逆にメンテナンスを怠ってしまうと、10年もたたずにインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。
インプラント

インプラントの治療費には何が含まれるの? | インプラントの治療費用について

インプラント治療は天然歯と変らない魅力ある治療法で、失った歯の治療法としては抜群の効果を発揮します。食事の際の噛み心地や見た目の審美性などは、インプラントならではの高いクオリティとなっています。
インプラント

ご存知ですか?インプラント治療は医療費控除の対象です | インプラント治療費

インプラント治療は自費治療のため、高額な費用が必要となりますが、医療費控除の対象となります。医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間において、支払った医療費に対して「1年間で医療費を10万円以上支払った」「1年間の所得金額の合計が200万円未満で、医療費が所得金額の合計の5%以上となった」。 この条件に該当すれば、源泉徴収された所得税から還付を受けることができます。本人だけでなく、生計を共にする配偶者や、それ以外の親族の医療費を支払った場合も控除対象となります。さらに、実家を離れていても仕送りを受けている学生の子どもにも適用されます。
インプラント

インプラント治療は痛くない?治療費は?どんな手術? | インプラント治療のQ&A

インプラント治療は噛み心地の機能や、見た目が美しくなる審美性の高い、人気のある歯の治療法です。しかしながら、色々な疑問を持っている方も多いはず。そこで今回は、インプラント治療のQ&Aをお届けいたします。
インプラント

インプラントの寿命を少しでも延ばす方法は? | 治療後のメンテナンスが重要

インプラント治療には高額な費用が必要になりますので、半永久的にインプラントを使い続けることができるとイメージしている方も多いはずです。インプラントは術後約10年が寿命といわれていて、残念ながら半永久的に使うことはできません。ただし定期健診やセルフケアをきちんと行うことで、15年、20年とインプラントの寿命を延ばすことは可能です。
インプラント

インプラント治療を行うとどんなメリットがあるの? | インプラント治療のメリット

入れ歯にするならインプラントのほうがいいとなんとなく分かっていても、詳しいメリットを知らない方も多いかと思います。そこで、インプラント治療を行うとどんなメリットがあるのかを解説します。
インプラント

インプラントは10年以上使い続けてどれぐらい残るの? | インプラントの残存率

インプラント治療を検討している方にとって、成功率は最も気になるところです。高額な費用と時間を費やして手に入れるインプラントですから、失敗して欲しくありませんし長く利用したいはずです。
インプラント

インプラントは3つのパーツから構成されています | インプラントの構造

天然歯と同様の機能と審美性を持っている入れ歯として、インプラントは魅力があります。近年ではインプラント技術も向上して、多くの方が治療を受けています。そこで今回は、インプラントの構造について解説します。