監修医師プロフィール

監修医師:越智英行
日本口腔外科学会 認定医

越智 英行おち ひでゆき

経 歴

2010年 
昭和大学 歯学部 卒業
2010年 
東京女子医科大学 歯科口腔外科 初期研修医
2011年 
東京女子医科大学 歯科口腔外科 医療練士
2014年 
昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 入学
2018年 
昭和大学大学院 歯学研究科 臨床系歯科麻酔科学 修了
2018年 
昭和大学 歯学部 全身管理歯科学歯科麻酔科 助教
2019年 
医療法人社団コンパス 副理事長 補佐
2022年 
医療法人社団コンパス 常務理事 就任

資格

歯科医師歯学博士日本口腔外科学会 認定医日本外傷歯学学会 認定医 日本口腔外科学会 所属日本インプラント学会 所属日本歯科麻酔科学会 所属 日本外傷歯学会 所属カラーコーディネーター検定 アドバンスクラス柔道参段

担当する診療内容

口腔外科外来(親知らず外来)一般歯科口腔外科、インプラント治療 小児歯科ボツリヌス治療ホワイトニングマウスピース矯正

この歯医者さんの監修した記事 一覧

越智英行

インプラント

インプラントは半永久的に使用できるわけではありません | インプラントの寿命

インプラントは、歯を失った部分に対してとても有効な手段で、噛み心地や審美性などに優れた入れ歯です。ただ、半永久的に使用できるわけではなく、インプラントの寿命は約10年~15年といわれています。 しかし、インプラント治療後のメンテナンスによっては、15年~20年と寿命を延ばすことが可能となっています。逆にメンテナンスを怠ってしまうと、10年もたたずにインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。
2022.11.17
インプラント

インプラントの治療費には何が含まれるの? | インプラントの治療費用について

インプラント治療は天然歯と変らない魅力ある治療法で、失った歯の治療法としては抜群の効果を発揮します。食事の際の噛み心地や見た目の審美性などは、インプラントならではの高いクオリティとなっています。
2022.11.17
インプラント

ご存知ですか?インプラント治療は医療費控除の対象です | インプラント治療費

インプラント治療は自費治療のため、高額な費用が必要となりますが、医療費控除の対象となります。医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間において、支払った医療費に対して「1年間で医療費を10万円以上支払った」「1年間の所得金額の合計が200万円未満で、医療費が所得金額の合計の5%以上となった」。 この条件に該当すれば、源泉徴収された所得税から還付を受けることができます。本人だけでなく、生計を共にする配偶者や、それ以外の親族の医療費を支払った場合も控除対象となります。さらに、実家を離れていても仕送りを受けている学生の子どもにも適用されます。
2022.11.17
インプラント

インプラント治療は痛くない?治療費は?どんな手術? | インプラント治療のQ&A

インプラント治療は噛み心地の機能や、見た目が美しくなる審美性の高い、人気のある歯の治療法です。しかしながら、色々な疑問を持っている方も多いはず。そこで今回は、インプラント治療のQ&Aをお届けいたします。
2022.11.17
インプラント

インプラントの寿命を少しでも延ばす方法は? | 治療後のメンテナンスが重要

インプラント治療には高額な費用が必要になりますので、半永久的にインプラントを使い続けることができるとイメージしている方も多いはずです。インプラントは術後約10年が寿命といわれていて、残念ながら半永久的に使うことはできません。ただし定期健診やセルフケアをきちんと行うことで、15年、20年とインプラントの寿命を延ばすことは可能です。
2022.11.17
インプラント

インプラント治療を行うとどんなメリットがあるの? | インプラント治療のメリット

入れ歯にするならインプラントのほうがいいとなんとなく分かっていても、詳しいメリットを知らない方も多いかと思います。そこで、インプラント治療を行うとどんなメリットがあるのかを解説します。
2022.11.17
インプラント

インプラントは10年以上使い続けてどれぐらい残るの? | インプラントの残存率

インプラント治療を検討している方にとって、成功率は最も気になるところです。高額な費用と時間を費やして手に入れるインプラントですから、失敗して欲しくありませんし長く利用したいはずです。
2022.11.17
インプラント

インプラントは3つのパーツから構成されています | インプラントの構造

天然歯と同様の機能と審美性を持っている入れ歯として、インプラントは魅力があります。近年ではインプラント技術も向上して、多くの方が治療を受けています。そこで今回は、インプラントの構造について解説します。
2022.11.17
インプラント

インプラント治療を失敗させないコツは? | 術前検査の重要性

インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込んで、その上に人工歯を取り付ける技法です。ただ従来の入れ歯とは違い天然歯とほぼ同じ歯となるので、審美性に優れていて一般的な入れ歯のような違和感もありません。優秀な入れ歯となるインプラントを装着するのであれば、インプラント治療の術前検査を受ける必要があります。
2022.11.17
インプラント

どんな人にインプラント治療はおすすめですか? | インプラント治療の特徴

人類にとって、食事を美味しく食べることは重要です。歯が痛かったり不具合がある場合はどうしても歯に違和感があり、美味しく感じないのも確かです。その原因は、噛める力が減っているからかもしれません。
2022.11.17
か強診

か強診とは? | かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

「か強診」という言葉を聞いたことがありますか。か強診とは、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の略です。一定の基準をクリアすると、厚労省から認可が下ります。認可を受けると患者様メリットがあります。例えば、これまで保険適用外であった歯のクリーニングを保険で受けることができたり、口腔リハビリテーションを在宅で受けたりすることができます。
2022.11.17
セラミック治療

保険適用外のジルコニア治療のメリットとは? | オールセラミック治療との違い

ジルコニアは、丈夫で耐久性が高いセラミックです。歯の治療にも用いられます。治療用途は、インレーやクラウンなどの詰め物や被せ物です。ジルコニアは金属製の化合物が一切使われていないため、金属アレルギーの方でも安心して用いることができます。
2022.11.17
セラミック治療

保険適用外のセラミック治療のメリットとは? | 保険適用内の治療との違い

セラミック治療は、保険適用内での治療と比べていくつか違いがあります。まず、見た目の美しさの違いです。保険適用内の治療では、治療した跡が一目瞭然なのに対して、セラミック治療の場合は、治療跡が目立ちません。
2022.11.17
セラミック治療

セラミックの治療費用について | 医療費控除の対象となるのか?

セラミック治療は自費治療です。保険適用外の治療となりますので、毎回の治療費が高額になります。1年間の医療費と通院にかかった交通費が10万円を超えると医療費控除が適用されますが、セラミック治療は、医療費控除の対象となるのでしょうか。
2022.11.17