コンパスメディカルグループのロゴ

開業15周年 詳細はコチラ
医科歯科健診コラムのボタン 講演・取材のご依頼ボタン

監修医師プロフィール

監修医師:石原央記
医療法人社団コンパス
常務理事

石原 央記いしはら おうき

経 歴

2013年 
昭和大学歯学部 卒業
2013年 
日本歯科大学病院(研修歯科医師)
2014年 
医)八重瀬会 同仁病院(歯科口腔外科)
2017年 
コンパスデンタルクリニック蕨 入職 院長就任
2022年 
医療法人社団コンパス 常務理事 就任

資格

歯科医師日本口腔外科学会所属

担当する診療内容

一般歯科小児歯科歯科口腔外科歯科訪問診療高齢者歯科有病者歯科予防歯科歯周病治療齲蝕治療歯内療法(歯の根の治療、歯の神経の治療)義歯(入れ歯)治療クラウン-ブリッジ治療抜歯(親知らず抜歯、普通抜歯、難抜歯、埋伏歯抜歯)顎骨壊死治療(相談、医科連携含む)顎関節症顎関節炎顎関節脱臼整復固定(非観血的)ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり、他)口腔粘膜疾患(口内炎、口腔カンジダ症、口唇ヘルペス、口角炎、舌炎、他)口臭・知覚過敏睡眠時無呼吸症候群-口腔内治療装置(マウスピース)口腔機能低下症(口腔リハビリテーション指導・実施)摂食嚥下機能障害(ミールラウンド、嚥下内視鏡検査、口腔リハビリテーション指導・実施)

このお医者さんの監修した記事 一覧

石原央記

訪問診療 歯科助手

外来診療経験が活かせる歯科助手の歯科訪問診療

ご自宅や老人ホームのような施設で歯科診療を行う訪問診療。歯科訪問診療でも歯科助手は活躍しています。訪問ならではの業務もありますが、大まかな業務は同じですので歯科助手としての外来経験が活かせるのです。
訪問診療 歯科助手

訪問診療における歯科助手の主な業務内容 | 外来診療との違い

訪問診療での歯科助手の主な業務内容は、歯科医師の診療補助、ケアマネジャーへの報告、書類記入、歯科材料の在庫管理や器具の滅菌消毒です。外来診療と同じくアシスタント業務がほとんどですが、患者様に診療内容を伝えることも多く、患者様の不安を取り除き、安心して受診できる環境を作るといった重要な役割も担っています。
訪問診療 歯科医師

歯科訪問診療の歯科医師のメリットとは?

歯科訪問診療の歯科医師の仕事の特徴として挙げられるのは、遅い時間帯の勤務や土日の診療が少ないことです。一度結婚や出産で離職した子育て世代の女性にとっては時間が調整しやすく、復職する際の選択肢に入ることが多い職業のひとつです。
訪問診療 歯科医師

歯科訪問診療で求められる歯科医師とは | 求められるスキル

高齢化が進み、歯科医院へ通院できない患者様が増加していることで、歯科訪問診療の認知度やニーズも高まっているため、歯科訪問診療の歯科医師は、将来性のある職業といえます。需要拡大に伴い、歯科医師に求められることが増えていくことも予想されるため、歯科訪問診療の今の課題などを確認しておくことが重要です。
訪問診療 歯科医師

歯科訪問診療の目的とは? | 口腔機能の維持と誤嚥性肺炎の予防

歯科訪問診療とは、通院困難な方のために行われている診療です。歯科医師や歯科衛生士などが患者様のご自宅や老人ホームのような高齢者施設に伺います。もちろん、むし歯や歯周病などのお口のトラブルが起きてしまった場合の処置も行いますが、それ以外にも重要な目的がいくつかあります。
訪問診療 歯科医師

訪問診療の患者・ご家族情報の収集ポイント | 医科歯科の連携

訪問診療において、患者様やご家族の希望を聞き、安心できる診療を行うことはとても重要です。適切な診療を行うためには、患者様の希望だけでなく医療職の意見や判断を基に情報を収集する必要もありますので、収集ポイントのコツを把握しておきましょう。
訪問診療 歯科衛生士

認定訪問歯科衛生士 | 歯科衛生士が歯科訪問診療を行うにあたっての認定資格

高齢化が進む現代社会において、歯科訪問診療の需要は年々高まっています。そして、歯科訪問診療は未経験であっても求人に応募することができるケースも多くあります。そのような中で、歯科衛生士が歯科訪問診療を行うにあたっての認定資格というものも存在します。
訪問診療 歯科衛生士

歯科における外来診療と訪問診療の違いとは? | 訪問診療の特徴

歯科診療といえば、歯科医院・クリニックで行うものだという認識の方もいることでしょう。こちらは「外来」と呼ばれるものです。来院された患者様を受付スタッフが応対し、待合室に案内します。そして、順番に患者様の診療をしていきます。小さなお子様から、ご高齢の方まで、男女問わず様々な患者様に対応するのも特徴のひとつです。
訪問診療 歯科衛生士

歯科訪問診療の歯科衛生士に向いているのはどんな人?

歯科医師や歯科衛生士は、様々な現場で働くチャンスがあります。歯科医院やクリニックなどの外来診療で働く人が多くいらっしゃいますが、歯科訪問診療を取り入れているクリニックで働くという選択肢もあります。では、歯科訪問診療にはどんな人が向いているのでしょうか。
訪問診療 歯科衛生士

今後、歯科訪問診療の現場で求められる歯科衛生士とは?

歯科訪問診療の必要性は徐々に高まっています。これまで、歯科医院やクリニックでしか勤務したことがないという方、新卒の勤務先として上記のような職場しか想定していなかったという方も、歯科訪問診療に携わることを検討してみてはいかがでしょうか。幅広い経験を積めば、歯科衛生士としてより豊かな知識や技術、能力が身につけられるはずです。
訪問診療 歯科衛生士

歯科訪問診療で歯科衛生士に求められる知識やスキルとは?

歯科訪問診療は、歯科医院への通院が困難な方のために、歯科医師と歯科衛生士が患者様のもとに訪問して診療を行うサービスです。訪問先はご自宅や老人ホームのような高齢者施設で、主な利用者は要介護の高齢者や精神的に外出が難しい方です。在宅医療が求められる現在、歯科訪問診療もこの先さらにニーズが高まると考えられています。
訪問診療 歯科医師

歯科訪問診療で歯科医師に必要な5つの重要ポイント

歯科訪問診療は、通院できない方に対してご自宅や老人ホームのような施設に歯科医師、または歯科衛生士が訪問して歯科診療や口腔ケアを行うことを指します。医師側から出向く訪問診療は様々な決まりごとがあるため、歯科訪問診療を実施する上で重要となるポイントを確認していきましょう。
訪問診療 歯科医師

訪問診療の歯科医師はどこまで治療できるのか? | お口の健康は心身の健康

歯科訪問診療とは、ご自宅や老人ホームのような高齢者施設に歯科医師、歯科衛生士などが伺い、患者様の歯科診療、治療をすることをいいます。通院が困難な患者様、特にご高齢の方や病気、怪我で一時的に動けない方はもちろん、要介護の患者様にも利用されています。
訪問診療 歯科衛生士

歯科訪問診療の歯科衛生士の役割・やりがい

歯科訪問診療とは、何らかの理由で歯科クリニックに通院できない患者様のために、患者様のご自宅や高齢者施設を訪問して歯科診療を行うことです。訪問する際は、歯科医師と歯科衛生士がペアとなって赴くことが一般的です。今回は、歯科訪問診療における歯科衛生士の役割や、やりがいについてお話しします。